川越市旭町三丁目 信綱會

 
→  HOME
 
→  信綱會とは
→  信綱會からのお知らせ
→  信綱の山車について
→  活動内容
→  松平信綱公とは

→  リンク 

 

 
 
 
 

メール メール

信綱公(大河内松平家)の系図

  信綱公の家系、大河内松平家の系図です。

  大河内松平家の内、譜代大名に取り立てられた三家をそれぞれ幕末時の所領から、次のように呼んでいます。

    /綱の系統(本家):吉田家(一般には伊豆守家)

    ∪疑から始まる系統:大多喜家

      二代 正久(正信の二男)の時に上総国大多喜藩に移封し、以後幕末まで移封されることがなかった。

      十代 松平豊前守正質は老中格として鳥羽伏見の戦いで幕府軍の指揮を任され、一度は罪を問われたが、

      後に許され、陸軍少佐、近衛集成隊長などを歴任。明治天皇に乗馬を教えるなど活躍した。

    信興から始まる系統:高崎家(一般には右京大夫家)

      五千石の旗本から本家を上回る八万石を超える大名となり、老中を二名出している。

      また、武蔵国新座郡(菩提寺である平林寺がある野火止の地)は高崎家の私領となった。

      幕末の藩主、十一代 輝聲は維新後、風流人として日中文化人交流、芸能人のパトロンなど活躍した。

  大河内松平家については、こちらもご覧ください。→クリック


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 資料

 大河内 眞 著:「大河内一族」 編集・印刷、有限会社 礫川

 中村 彰彦 著:「知恵伊豆と呼ばれた男 老中松平信綱の生涯」 講談社文庫

 太田 資宗 編:「寛永諸家系図伝」3